TOP会社情報 > 会社沿革

会社沿革

会社沿革

昭和28年 3月 名古屋市中川区にて山下商店を創設し、水産乾物(主に海藻類)の販売を始める。
昭和32年 3月 現住所、名古屋市熱田区切戸町に工場を新築し、社名を山下昆布海藻とする。
昭和44年 名古屋市熱田区野立町に第二工場および倉庫を新築。
昭和46年 需要増加に対処するために、本社工場を増築する。
昭和61年 10月 販売会社として「株式会社ヤマコン」を資本金1,250万円にて設立する。
昭和62年 5月 山下昆布海藻の販売部門を引継ぐ。
資本金2,500万円に増資。
平成元年 5月 山下昆布海藻の製造部門を吸収合併し、製造および販売を株式会社ヤマコンに引継ぎ営業継続する。昆布、わかめ、ひじきを主力に全国へ販売網を拡大。
平成元年 9月 佃煮メーカー向けの「一口昆布巻」の需要増加に対応するため、北九州市小倉に昆布巻工場を新設。
平成 2年 4月 北海道釧路に工場および倉庫を新設する。
(同業4社との共同出資、資本金9,000万円)
平成 4年 4月 作業合理化のため、本社ビルおよび工場を新築し製造設備の近代化を図る。
平成10年 7月 資本金5,000万円に増資。
平成11年 3月 より良い商品の製造のため、新工場を新設する。
衛生的な商品製造のため、カットわかめ製造ラインおよび塩蔵わかめ製造ラインの整備をする。
平成12年 1月 原料保管のため第三倉庫新設。
平成14年 9月 カットわかめ需要増加に対応するため包装工場新設。

ページの先頭へ戻る

  • 商品情報
  • 海藻類とは?
  • 会社情報
    • 会社概要
    • ごあいさつ
    • 会社沿革
    • こだわりの製造技術
  • 企業活動
  • 採用情報

ヤマコンインフォメーション